TOKYO BASE<3415>は急落。先週末に5月の月次売上速報を発表。既存店売上高は前年同月比9.9%減と2カ月ぶりに前年同月を下回った。既存店のうち、国内実店舗は前年の新型コロナの影響による臨時休業の反動から同40.8%増となったが、海外実店舗は中国本土での新型コロナ対策のロックダウンなどが影響し同64.2%減と、4月の同52.4%減に続き苦戦しており、失望売りが先行しているようだ。