■業績動向



3. 財務状況と経営指標

システムインテグレータ<3826>の2022年2月期末の総資産は前期末比82百万円増加の3,580百万円となった。主な増減要因を見ると、流動資産では現金及び預金が157百万円、売掛金が250百万円それぞれ増加した一方で、仕掛品が159百万円減少した。固定資産では東京営業所の移転に伴って有形固定資産が11百万円増加した一方で、ソフトウェア(ソフトウェア仮勘定を含む)が104百万円、投資有価証券が37百万円、繰延税金資産が54百万円それぞれ減少した。



負債合計は前期末比200百万円減少の866百万円となった。前受金が75百万円増加した一方で、受注損失引当金が231百万円、未払法人税等が55百万円減少したことなどによる。また、純資産合計は同283百万円増加の2,714百万円となった。当期純利益391百万円の計上と配当金の支払88百万円により、利益剰余金が302百万円増加した。



経営指標を見ると、自己資本比率は前期末の69.5%から75.8%に上昇し、無借金経営を継続しているほか現金及び預金も過去最高水準に積み上がるなど、財務内容は良好と判断される。収益性についても、コロナ禍の影響で低下した2021年2月期と比較するとROE、売上高営業利益率ともに上昇に転じ、いずれも10%を超える水準まで回復した。生産性については、従業員1人当たり売上高及び経常利益は前期比で増加に転じているが、コロナ禍以前の水準と比較するとまだ低い。これは、「OBDZ」や「TOPSIC」「AISI∀-AD」などの新規事業をここ数年で複数立ち上げており、先行投資が継続していることが一因と見られる。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)