<4199> ワンプラ 1724 +67

大幅に反発。今夏に世界同時配信する予定の新作スマートフォン向けゲーム「アリスフィクション」の事前登録者数が受付開始から4日間で30万人を突破したと発表している。同ゲームは、制限時間内に多くのパネルを消すことでバトルを有利に進行することができるパズルRPG。新作ゲームの事前登録者数が短期間で急増したことが投資家から好感され、買いが入っているようだ。




<4575> CANBAS 364 +70

一時ストップ高。1日に発表した膵臓がん3次治療を対象とするCBP501臨床第2相試験の進捗が改めて材料視されているようだ。米国で実施している同試験では、臨床試験実施施設の開設を完了し、被験者登録数も順調に増加。河邊拓己社長は「少しずつ見え始めたステージ1前半のデータは有効性・安全性ともに良好」とコメントしている。前日に株価が反落しており、押し目の好機と見た向きの買いも入っているとみられる。




<4593> ヘリオス 380 -19

大幅に5日ぶり反落。新たな材料は出ていないが、利益確定売りに押されている。ヘリオスは先月20日に体性幹細胞再生医薬品試験の主要評価項目で有意差が認められなかったと開示し、株価が急落。今月3日に他家iPS細胞由来NK細胞(eNK細胞)を用いた中皮腫に対するがん免疫細胞療法に関する共同研究契約を兵庫医科大学と締結したと発表して買いが入ったが、戻り待ちの売りに押されているようだ。




<4484> ランサーズ 319 +80

ストップ高。メタバース空間で学べるハイスキルデジタル人材育成サービス「ランサーズデジタルアカデミー」を6日から正式開講すると発表している。開講に伴い、「UI/UXデザインマスターコース」も新たに公開し、事前受付を開始する。同コースでは受講生の仕事に直結する学習コンテンツを提供し、ハイスキルなUI/UXデザイナーを育成する。仮想案件で提案から業務遂行までの全工程ができるようになるという。




<3566> ユニネク 1210 +18

大幅に反発。5月の売上高が前年同月比20.3%増の5.99億円になったと発表している。前月の17.6%増から伸び率が拡大した。気温の上昇に伴い、空調服を中心に春夏作業服、ポロシャツ商品などの販売が伸長した。新型コロナウイルス感染拡大の影響で停止していた飲食店向けDMカタログを発送したことから、エプロンやシャツなど飲食店向け制服も好調だった。




<4881> ファンペップ 208 +2

大幅に3日続伸。豪州で実施している抗体誘導ペプチド「FPP003」の尋常性乾癬を対象疾患とする第I/IIa相臨床試験の被験者登録が完了したと発表している。FPP003は住友ファーマ<4506>との共同研究で創生した開発化合物。抗体誘導ペプチドは化学合成で製造できるため製造コストを抑制できるほか、投与後は患者の体内で免疫細胞が一定期間持続的に抗体を産生するため、薬剤投与間隔も長いことが期待されるという。