銘柄名<コード>9日終値⇒前日比

ユビキタスAIコーポレーション<3858> 462 +46

IoT機器の開発と市場投入までの期間を50%短縮できる

ソフトウェアパッケージを開発。



アイドママーケティングコミュニケーション<9466> 340 +45

視聴分析システムがシャープのデジタルサイネージ配信ソリューションに採用。



ミライアル<4238> 2124 +224

第1四半期決算を発表、営業利益は前年同期比2.6倍。



トップカルチャー<7640> 264 -17

中間期決算を発表、営業利益は前年同期比72.8%減で

第1四半期段階の同6.1%増から大幅減益に転じる。



フーバーブレイン<3927> 856 +66

5月24につけた年初来高値を上回り先高期待高まる展開に。



ハウテレビジョン<7064> 2394 -255

23年1月期第1四半期の営業損益は黒字転換も通期予想に対する進捗率8%。



IRJ−HD<6035> 2656 +286

底値到達感から自律反発狙いの買いが優勢に。



SREHD<2980> 2269 +162

中小型グロース株堅調地合いの流れに乗る。



BEENOS<3328> 2179 +194

越境EC支援実績が3000件を突破と発表。



サンデン<6444> 246 +27

対ユーロでの円安進行など手掛かりにも。



ソースネクスト<4344> 281 +19

訪日観光客受け入れ接近で期待感優勢。



シンクロ・フード<3963> 339 +20

320円超の節目水準突破で上値妙味も。



ビューティガレージ<3180> 2855 +152

連続2ケタ増益や増配見通しを好感。



ラクス<3923> 1621 +107

米グロース株安の中でも国内では中小型グロース株に買い優勢。



Sansan<4443> 1026 +61

中小型グロース株高の流れに乗る。



石油資源開発<1662> 3705 +195

原油相場の上昇が支援材料に。



ブイキューブ<3681> 1070 +59

防災DXソリューションの投入を発表。



ネットプロHD<7383> 603 +32

マザーズ指数上昇など中小型グロース株が想定以上に強い動きに。



メルカリ<4385> 2239 +104

今後はインデックスファンドの買い需要など控え押し目買いも優勢に。



富士石油<5017> 370 +13

値頃感の強さから原油高材料に短期資金物色か。



マネーフォワード<3994> 3490 +150

中小型グロース株堅調な地合いに乗る。



川崎汽船<9107> 9260 -1160

9日は海運大手各社が売り対象となる。



商船三井<9104> 3220 -270

バルチック指数続落などで海運株は一斉安に。



日本郵船<9101> 9850 -740

マークスなど海外海運大手の株安影響が波及。



シャープ<6753> 1024 -62

今期業績見通しは市場コンセンサスを下振れ。



ジャムコ<7408> 1260 -50

足元の急ピッチな上昇で過熱感も強まる。