銘柄名<コード>10日終値⇒前日比

ダイオーズ<4653> 1151 +73

23年3月期営業利益は前期比43.8%増予想と発表。



藤田観光<9722> 2941 +216

外国人観光客の受け入れ再開が同社事業に追い風との見方。



ソフィアHD<6942> 912 -108

連結子会社の役員が組織犯罪処罰法違反(組織的詐欺)などの疑いで逮捕と伝わる。



エッジテクノロジー<4268> 1339 +221

22年4月期営業利益は前期比5.6倍、23年4月期は同48.2%増予想。



ベイシス<4068> 3510 +310

エイターリンク社製ワイヤレス給電システムの設置プロジェクトを開始。



GMO−FG<4051> 11650 -660

2月21日につけた年初来安値下回り見切り売りかさむ。



ラウンドワン<4680> 1692 +137

5月既存店売上はプラス成長に回復。



太平洋セメント<5233> 2082 +132

石炭価格サーチャージ制を導入と発表。



住友大阪セメント<5232> 3455 +195

太平洋セメントの石炭価格サーチャージ導入受け連想感。



北の達人<2930> 221 +12

特に材料もなく買い戻しが優勢の展開か。



IDOM<7599> 728 +14

SMBC日興証券では新規に買い推奨。



協和キリン<4151> 2940 +94

メリルリンチ日本証券では投資判断を格上げ。



くら寿司<2695> 3070 +80

スシローに消費者庁が措置命令で需要シフト期待。



スカパーJSATホールディングス<9412> 502 +17

需給要因中心か、決算発表後は上値追い続く。



積水ハウス<1928> 2373.5 +69.5

第1四半期はコンセンサス上回る大幅増益に。



三越伊勢丹<3099> 1146 +26

訪日客受け入れ再開など今後の販売拡大期待続く。



パーク24<4666> 2114 +44

クレディ・スイス証券では目標株価を引き上げ。



コシダカHD<2157> 800 +21

ラウンドワンなどリオープニング関連の一角が高い。



シンクロ・フード<3963> 350 +11

リオープニング関連として上値伸ばす展開に。



ファーマフーズ<2929> 1612 +29

下方修正後は悪材料出尽くし感優勢の展開に。



IRJ−HD<6035> 2218 -438

9日の急反発を受けて戻り売り優勢に。



TOWA<6315> 1811 -143

クレディ・スイス証券では投資判断を格下げ。



日本電波工業<6779> 1178 -99

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では目標株価を引き下げ。



オイシックス・ラ・大地<3182> 1815 -60

米グロース株安で手仕舞い売り優勢に。



Gunosy<6047> 921 -35

特に材料もなく週末要因から戻り売り。