日新<9066>は9日、神奈川県横浜市の風力発電事業「ハマウィング」に協賛したことを発表。協賛期間は2022年6月1日〜2023年5月31日。

横浜市は、再生可能エネルギーの利用促進や地球温暖化対策の一環として、風力発電事業を進めている。横浜市風力発電所(ハマウィング)は、所在地は横浜市神奈川区鈴繁町で、2007年3月より稼働しており、年間予想発電量は約210万kWhとしている。



同社グループは、横浜市と協力し、地球温暖化防止のために再生エネルギー利用の普及・拡大とCO2排出量削減等の脱炭素化への貢献につとめていくという。