<4422> VALUENEX 1022 +150

ストップ高。22年7月期第3四半期累計(21年8月-22年4月)の営業損益を0.76億円の黒字(前年同期実績は1.23億円の赤字)と発表している。コンサルティングサービスやASPサービスの販売拡大に取り組んだことが奏功し、黒字に転換した。通期予想は0.16億円の黒字で据え置いた。第3四半期累計時点で既に大きく上回っており、会社計画を上回って着地する可能性があるとの期待が広がっているようだ。




<4934> Pアンチエイジ 3110 -700

ストップ安。22年7月期の営業利益を従来予想の60.00億円から23.00億円(前期実績46.80億円)に下方修正している。主力製品の「デュオ ザ クレンジングバーム ブラックリペア」の動向が落ち着きを見せたことに加え、他社による同種製品の投入が相次ぎ、競争環境が激化した。広告規制による新規獲得活動の遅れや中国の法規制によるマーケティング施策の見直しなども利益を押し下げ、見通しを増益から減益に転換した。




<4772> ストリームM 165 +18

年初来高値。ストリームメディアコーポレーションが所属する企業グループを統括する韓国SM ENTERTAINMENTのSoo-Man Lee総括プロデューサーがサウジアラビアのバドル・ビン・アブドラ・ビン・ファルハン・アルサウド文化部長官とサウジのアーティストの発掘で議論したと発表している。サウジ制作会社との協業による映像コンテンツとフェスティバルイベント制作、メタバース都市建設についてのアイデアも話し合ったという。




<7379> サーキュ 2259 +254

大幅に4日ぶり反発。22年7月期第3四半期累計(21年8月-22年4月)の営業利益を前年同期比36.5%増の5.08億円と発表している。外部プロ人材活用の需要が堅調に推移し、利益が拡大した。通期予想は前期比5.7%増の5.12億円で据え置いた。進捗率は99.2%に達している。また、上限8万2600株(1.00億円)の自社株買いを実施する。発行済み株式総数に対する割合は1.0%、取得期間は16日-7月29日。




<4431> スマレジ 1066 +150

ストップ高。22年4月期の営業利益を6.36億円と発表している。説明資料によると、前期比24.7%減だが、会社計画(5.23億円)を超過した。7月に非連結決算への移行を予定しているため、23年4月期予想は非開示とした。大規模なマーケティングを展開した結果、主力サービス「スマレジ」の登録店舗数が11万0723店舗を突破した。また、39万株(5.00億円)を上限とする自社株買いを実施する。発行済株式総数に対する割合は2.00%。




<4194> ビジョナル 5900 +540

大幅に3日ぶり反発。22年7月期の営業利益を従来予想の60.00億円から80.00億円(前期実績23.68億円)に上方修正している。人材採用支援市場の活況を受け、主力のビズリーチ事業が予想を上回る見込みとなったため。第3四半期累計(21年8月-22年4月)の営業利益は前年同期比131.9%増の72.18億円で着地した。プロフェッショナル人材に対する企業の求人意欲が継続したほか、広告宣伝活動で求職者が増加した。