銘柄名<コード>14日終値⇒前日比

ファーストロジック<6037> 816 +53

22年7月期業績予想上方修正と23年7月期業績予想・増配、自社株買いを発表。



愛知銀行<8527> 5410 +270

米長期金利上昇手掛かりに3月28日につけた年初来高値更新し先高期待高まる。



ジェネレーションパス<3195> 424 +46

中間期営業損益は前年同期の0.04億円の赤字から0.82億円の黒字に転換。



セルソース<4880> 3805 +365

ペット保険のアニコムと再生医療等分野で業務提携開始。



東和薬品<4553> 2241 -180

ジェネリック全般の出荷調整による採算低下を見込み

外資系証券が投資判断と目標株価引き下げ。



正栄食品工業<8079> 3645 -300

22年10月期の利益予想を下方修正。



グッドコムアセット<3475> 1262 +89

上半期は上振れ着地で通期計画比で高進捗に。



鳥貴族HD<3193> 2341 +158

足元での順調な収益回復を評価続く。



大真空<6962> 1005 +53

KDDIが基地局開設遅れで指導受け5G普及拡大期待も。



IDOM<7599> 737 +28

東海東京証券では新規に買い推奨。



千葉銀行<8331> 740 +14

米長期金利上昇で銀行株に資金向かう。



静岡銀行<8355> 808 +14

金融関連株堅調で地銀株にも資金向かう。



太平洋セメント<5233> 2079 +55

石炭価格サーチャージ制導入による収益改善期待が続く。



Hamee<3134> 1061 -118

足元の収益成長鈍化をマイナス視へ。



東建コーポレーション<1766> 7580 -930

今期の2ケタ減益見通しをネガティブ視。



アセンテック<3565> 649 -63

第1四半期2ケタ営業減益を嫌気。



ラクスル<4384> 1599 -126

通期売上予想下方修正など引き続きマイナス視。



スノーピーク<7816> 2400 -189

地合い悪に押されて寄り付きから25日線割り込む展開に。



SREHD<2980> 1867 -105

リバウンド一巡感の中地合い悪で見切り売り優勢。



神戸物産<3038> 2867 -143

2-4月期は営業小幅減益に転じる。



日産化学<4021> 6820 -420

三菱UFJモルガン・スタンレー証券では投資判断を格下げ。



エイチ・アイ・エス<9603> 2013 -146

2-4月期営業赤字幅は前四半期比で拡大へ。



ビジョン<9416> 1327 -87

H.I.S.の決算がインバウンド関連の一角にも影響か。



ファーマフーズ<2929> 1454 -48

決算発表後のリバウンドも一巡して見切り売り優勢。



第一三共<4568> 3073 -232

特に材料観測されないが利食い売りの対象にも。



住友倉庫<9303> 2004 -98

JPモルガン証券では投資判断を2段階格下げ。