<6046> リンクバル 255 +31

大幅に続伸。内閣府の男女共同参画白書で、20代女性の約5割、男性の約7割が「配偶者や恋人がいない」と答えたと報じられ、思惑から買われている。同白書によると、「これまでデートした人数」は「ゼロ」と答えた人が20代の独身男性で約4割に上ったという。報道を受け、イベントECサイト「machicon JAPAN」や恋活・婚活マッチングアプリ「CoupLink」などを手掛けるリンクバルが注目されているようだ。




<4380> Mマート 845 -200

大幅に続落。23年1月期第1四半期(22年2-4月)の営業利益を前年同期比1.7%増の0.69億円と発表している。「Mマート(食材を取り扱う市場)」は1080店(前年同期末比29店増)に拡大した一方、「Bnet(食材以外を取り扱う市場)」は434店(同60店減)となった。通期予想は前期比26.6%増の3.41億円で据え置いた。Mマート株は10日に年初来高値を記録しており、材料出尽くし感で売り優勢となっているようだ。




<9251> AB&C 732 +48

大幅に4日ぶり反発。22年10月期の営業利益を従来予想の22.07億円から13.12億円(前期実績15.14億円)に下方修正している。1店舗当たりの採算悪化や新規出店の遅れに加え、減価償却費の増加などで販管費が膨らんだため。ただ、悪材料出尽くし感があるほか、子会社がフランチャイズ企業2社を連結子会社化することで23年10月期に営業利益で1.4億円程度の増加インパクトがあるとの見込みを公表したことも手掛かりとなっているようだ。




<5032> ANYCOLOR 7700 +1000

ストップ高。23年4月期の営業利益予想を前期比31.5-55.3%増の55.10億-65.10億円と発表している。複数人のVTuberによるユニットプロデュース、バーチャルタレントアカデミーを通じた次世代のVTuber育成、英語圏など海外展開の深化などで成長実現を目指す。同時に発表した22年4月期の営業利益は188.6%増の41.91億円で着地した。ライブストリーミング領域などが順調に推移し、会社計画(37.85億円)を上回った。




<3491> GA TECH 1126 +150

ストップ高。22年10月期の営業損益を従来予想の0.57億円の黒字から約8.7倍となる5.00億円の黒字(前期実績11.14億円の赤字)に上方修正している。主力事業に対して研究開発やシステム開発などの先行投資を行った結果、収益とコストが改善した。手数料改善施策に加え、不動産コンサルティングのリコルディとの経営統合や不動産事業者向けSaaSを提供するイタンジの好調も利益拡大に寄与する見通し。




<4592> サンバイオ 1042 +22

大幅に4日ぶり反発。23年1月期第1四半期(22年2-4月)の営業損益を18.44億円の赤字(前年同期実績15.40億円の赤字)と発表している。一方、純損益は3.15億円の赤字(同8.60億円の赤字)に改善した。SB623慢性期外傷性脳損傷プログラムの承認申請に向けた製造関連費用がかかったものの、営業外収益として為替差益27.29億円を計上した。通期予想は営業損益が58.58億円の赤字、純損益が59.97億円の赤字で据え置いた。