■今後の見通し



2. 中期経営計画の進捗

ウェーブロックホールディングス<7940>は2021年6月に中期3か年計画を発表した。ビジョン、ミッション、バリューズを定義し、新生ウェーブロックホールディングスとして、再成長に向けたスタートを切るべく、グループ企業戦略と各事業の中長期成長戦略を策定した。



グループ企業戦略としては、安定的成長を前提とした長期利益の獲得を企図し、営業利益率だけでなくROA、ROE、ROICの収益性、効率性を重視した経営を推進していく。財務戦略としては、WIT株式の譲渡等により、有利子負債を返済していくほか、手元キャッシュの活用と必要に応じて金融機関からの借入その他手段により、成長投資のために必要な資金を確保していくことにしている。



また、経営戦略としては、マテリアルソリューション事業、アドバンストテクノロジー事業それぞれの事業領域において、顧客の課題を解決するために既存領域分野の深化と新規領域分野の探索をしていくこと、また、2事業以外の新規事業の探索についても「樹脂の加工」分野に必ずしもこだわらず、環境問題解決など同社がミッションとして掲げている社会課題を解決するソリューションビジネスであれば、柔軟な外部提携やM&Aなども活用して事業を育成していく方針で、早期に営業利益を2021年3月期の水準に回帰させることを目指している。



中期経営計画の最終年度となる2024年3月期の業績目標は、売上高で24,500百万円、営業利益で1,260百万円を掲げている。2年目となる2023年3月期は原材料価格高騰の影響により、当初目標(売上高23,100百万円、営業利益940百万円)に対して営業利益を下方修正したが、現段階では2024年3月期の目標は据え置いている。原材料価格の動向が流動的であるためで、改めて目標値を見直すよりも都度、業績の差異について説明していくことが好ましいと考えたためだ。



投資額については約70億円を計画している。内訳としては、新規事業投資に約30〜35億円、既存事業における収益基盤を強化するための投資として約10億円(製造ラインの保守改修、品質向上に対する投資)、成長基盤を構築するための投資として約25億円(地中熱ビジネス関連投資、金属調加飾フィルムの新規製造ライン投資等)となる。2022年3月期の実績としては、収益基盤投資として3.6億円、成長基盤投資として0.5億円の投資を実施した。2023年3月期は収益基盤投資として約8.1億円、成長基盤投資として約16.6億円を予定している。また、新規事業投資については2022年3月期の実績はなく、2023年3月期以降に実施する予定にしているが、取り組みを強化するため、専門組織として新規事業開発部を2022年4月に立ち上げ、副社長が陣頭指揮を取って進めていくことにしている。なお、3年間の営業活動によるキャッシュ・フローは概算で45〜50億円※になると見られる。予定どおり投資を実施すれば20〜25億円のキャッシュ・アウトとなるが、不足分については借入金で賄う格好となりそうだ。



※2022年3月期の営業活動によるキャッシュ・フロー実績に2023年3月期及び2024年3月期の税金等調整前当期純利益、減価償却費の見込みを合算。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)