■業績予想



1. 2023年3月期の業績予想

2023年3月期の連結業績についてシュッピン<3179>は、売上高を前期比11.1%増の48,260百万円、営業利益を同11.6%増の3,507百万円、経常利益を同9.1%増の3,477百万円、当期純利益を同8.6%増の2,399百万円と引き続き増収増益を見込んでいる。



売上高は、EC売上を軸としてすべての事業が伸長する想定である。また、店舗売上についてもコロナ禍の収束(特にインバウンドの再開)とともに、ほぼコロナ禍前(2020年3月期)の水準にまで回復する見通しとなっている。



利益面では、引き続きAIMDの効果により売上総利益率は19.0%(前期は18.5%)に改善する想定である。一方、販管費については、今後の事業拡大に向けたスタッフの増員などにより一旦増加するものの、売上総利益の伸びで吸収することで営業増益を実現し、営業利益率も7.3%(前期は7.2%)に改善する見通しとなっている。



2. 弊社の見方

弊社でも、One to Oneマーケティングの仕組みやAIの活用等により、会員基盤の拡大やアクティブ率の維持・向上が図られていることから、好調なEC売上を軸に持続的な業績の底上げは十分に可能であると見ている。最も注目すべきは、1) インバウンドの再開が時計事業(免税売上)の拡大にどのようにプラスに働くのか、2) AIMDによる売上総利益率の改善が想定どおりに進むのかである。特に世界的に高級腕時計への需要が高騰しているなかで、インバウンドの再開や戦略的在庫投資(ワンプライス買取の導入を含む)により、時計事業がどのような成長を見せるのか、越境ECの進展を含めて注目していきたい。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)