■業績動向



2. 財務状況

三機工業<1961>の2022年3月期末の財務状況は、流動資産は125,742百万円(前期末比9,688百万円増)となった。これは主に現金預金の増加6,692百万円、売掛債権(受取手形・電子記録債権・完成工事未収入金等・契約資産)の減少5,323百万円、有価証券の増加3,000百万円などによる。固定資産は57,866百万円(同2,608百万円増)となった。主に低リスクの有価証券の購入による投資その他資産の増加2,758百万円による。この結果、当期末の総資産は183,609百万円(同12,296百万円増)となった。



流動負債は79,210百万円(前期末比11,328百万円増)となった。主に買掛債務(電子記録債務を含む工事未払金・契約負債)の増加55,274百万円などによる。固定負債は10,121百万円(同1,610百万円減)となった。これは主に長期借入金の減少3,140百万円、退職給付に係る負債の増加871百万円、繰延税金負債の増加385百万円などによる。この結果、負債合計は89,331百万円(同9,717百万円増)となった。純資産合計は、利益剰余金の増加1,939百万円、自己株式の取得1,384百万円、その他有価証券評価差額金の増加1,263百万円などにより、94,278百万円(同2,579百万円増)となった。



3. キャッシュ・フローの状況

2022年3月期の営業活動によるキャッシュ・フローは18,529百万円の収入となった。主な収入は税金等調整前当期純利益の計上9,514百万円、減価償却費1,587百万円、売上債権の減少5,389百万円によるもので、主な支出は仕入債務の減少1,218百万円、その他の流動負債の減少2,080百万円となった。投資活動によるキャッシュ・フローは3,384百万円の支出となった。これは主に有形固定資産の取得による支出1,010百万円、有価証券の取得(ネット)による支出19,000百万円による。財務活動によるキャッシュ・フローは7,518百万円の支出であった。主な支出は、長期借入金の返済1,390百万円、自己株式の取得1,438百万円、配当金の支払額4,537百万円であった。



この結果、2022年3月期の現金及び現金同等物は7,692百万円増加し、当期末残高は44,779百万円となった。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)