アスクル<2678>は大幅反発。先週末に22年5月期の決算を発表、営業利益は143億円で前期比2.8%増となり、従来計画140億円を上回る着地に。期末配当金は従来計画15円から16円に引き上げ、年間配当金は31円で前期比6.5円の増配となる。一方、23年5月期は145億円で同1.3%増の見通し、年間配当金は32円を計画。増益率は限定的だが、新アスクルWebサイトや物流センターの稼働に伴う一過性費用計上もあり、とくにマイナス視されていない。