フォーバル<8275>は11日、札幌市が実施する令和4年度「中小企業DXハンズオン相談支援」実施業務事業を受諾したと発表。



「一般社団法人さっぽろ産業振興財団」では昨年度、DX機運を醸成するセミナーの開催と、中小企業における社内デジタル人材の育成に向けた勉強会からなる「DX推進事業」を実施。

本年度は、市内中小企業のデジタル化・DXを一層加速させるため、「中小企業DX推進事業」を実施する。企業におけるDXの必要性の理解から、課題把握や戦略・推進体制整備に向けた相談対応、社内DX推進人材の育成、デジタル化投資に係る経費の補助までを一気通貫でサポートすることで、市内中小企業に対し、デジタルを活用したビジネス変革の推進を目的としている。



同社は、DX相談窓口の設置、DXアドバイザーの派遣支援、定期的な業務進捗の報告、DX事例集の作成を行い、札幌の中小企業のDX化を推進する。