東宝<9602>は大幅反発で高値更新。前日に第1四半期決算を発表、営業利益は143億円で前年同期比35.7%増益となり、据え置きの通期計画380億円、前期比4.9%減に対する進捗率は37.6%に達している。業績上振れへの期待が先行する展開になっているようだ。『劇場版 呪術廻戦 0』、『名探偵コナン ハロウィンの花嫁』、『シン・ウルトラマン』などのヒットが好業績の背景に。立会外取引による100万株を上限とする自社株買いの実施も発表。