銘柄名<コード>15日終値⇒前日比

ニイタカ<4465> 2352 +174

配当政策見直し今期36円増配し年間配当64円に。



PSS<7707> 783 +100

世界保健機関(WHO)が「サル痘」緊急委員会招集を発表し

検査キットへの関心高まる。



ワンダープラネット<4199> 3360 +504

14日に年初来高値更新し先高期待高まる。



ダイト<4577> 2634 -198

今期営業利益31.3%減予想。



インテリックス<8940> 541 -32

営業利益は前期37.2%減、今期31.8%減予想で年初来安値。



フィル・カンパニー<3267> 1134 -113

中間期営業損益は0.77億円の赤字。



Sansan<4443> 1210 +179

今期の収益成長見通し受けて買い安心感。



Robot Home<1435> 198 +17

パナソニックグループ会社とインターホン共同開発と。



PR TIMES<3922> 2331 +203

第1四半期増益決算で過度な警戒感後退へ。



ファーストリテイリング<9983> 76230 +6100

第3四半期業績は市場想定を上回る水準に。



日本M&A<2127> 1652 +86

新規材料は観測されず需給要因中心か。



ラクス<3923> 1814 +81

6月の月次動向をプラス視も。



SHIFT<3697> 17930 +910

決算ネガティブ視の動きにも一巡感で。



ブイキューブ<3681> 1281 +98

新型コロナ感染再拡大によるテレワーク需要増加を思惑視。



シスメックス<6869> 9152 +420

野村證券では目標株価を引き上げ。



日野自動車<7205> 731 +26

大型トラックの生産再開報道を材料視。



リンクアンドモチベーション<2170> 520 +25

もみ合い上放れの兆しに追随買いも。



クリレスHD<3387> 959 +18

第1四半期は想定以上の営業増益に。



任天堂<7974> 61990 +1900

映像制作会社の子会社化を発表。



セラク<6199> 1070 -153

業績下方修正で一転大幅営業減益見通しに。



IDOM<7599> 714 -58

第1四半期堅調決算も出尽くし感が優勢に。



佐鳥電機<7420> 991 -88

今期の営業2ケタ減益見通しを嫌気。



いちご<2337> 296 -18

第1四半期経常減益決算をマイナス視。



日揮HD<1963> 1610 -60

14日のNY原油相場下落などで。



日本エスコン<8892> 750 -30

金融庁がREIT運用会社に3カ月間の業務停止命令と伝わる。