銘柄名<コード>26日終値⇒前日比

キヤノン電子<7739> 1661 +86

中間期営業利益は前年同期比12%減と第1四半期段階の同44%減から減益率が縮小。



SMK<6798> 2351 +146

第1四半期営業利益は2.16億円と前年同期の0.76億円の赤字から黒字に転換。



平田機工<6258> 4820 +295

電気自動車関連設備に関する100億円超の大型案件受注。



サーキュレーション<7379> 2158 +48

JR東日本首都圏全線に広告を掲出。



モビルス<4370> 721 +21

有人チャット自動品質評価システムの提供開始。



大泉製作所<6618> 878 -98

フェローテックHDによるTOB期間終了。



ダブル・スコープ<6619> 1994 +276

業績大幅上方修正が買いインパクトに。



KOA<6999> 1936 +245

業績・配当予想の引き上げを好感。



インソース<6200> 2632 +332

第3四半期好決算で業績予想を上方修正。



大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 3075 +249

原油高など支援に買い戻しが優勢か。



東邦チタニウム<5727> 2473 +130

大阪チタニウムとともに買い戻し優勢の流れに。



コスモエネHD<5021> 3765 +180

原油相場の反転で石油関連株には買いが優勢。



日揮HD<1963> 1698 +76

LNG供給懸念からプラント需要の拡大期待続く。



キヤノンマーケティングジャパン<8060> 3095 +157

上半期好決算で通期業績予想を上方修正。



出光興産<5019> 3335 +100

CO2原料のアスファルト合材で道路舗装実験と伝わる。



神戸物産<3038> 3730 +205

6月の月次動向がポジティブ材料視される。



INPEX<1605> 1440 +46

NY原油相場の上昇が買い手掛かりに。



リンクアンドモチベーション<2170> 540 -15

4月高値更新による目先の達成感も。



ラクスル<4384> 2120 -7

特に材料観測されず戻り売りが優勢に。



コーエーテクモ<3635> 4730 -165

第1四半期経常益は大幅減益に。



アイスタイル<3660> 274 -10

高値圏で利食い売りが集まる状況へ。



川崎汽船<9107> 9520 -320

上方修正で先週末に急伸の反動が優勢。



日本ケミコン<6997> 1708 -47

米国民事訴訟での和解金を特別損失として計上。