シマノ<7309>は大幅続落。前日に上半期決算を発表、営業利益は809億円で前年同期比15.7%増となったが、4-6月期は429億円で同14.8%増、コンセンサスを15億円程度下回っているようだ。通期営業利益に関しては従来計画の1610億円、前期比8.6%増を据え置いている。自動車部品を中心に業績は堅調な推移となっているが、円安効果も大きいと期待されていた中、ポジティブサプライズが乏しかったことで売りが優勢となっているもよう。