銘柄名<コード>27日終値⇒前日比

シマノ<7309> 21515 -1420

4-6月期営業益は市場想定をやや下振れ。



アシックス<7936> 2515 -118

6月高値接近で戻り売り圧力優勢に。



ビックカメラ<3048> 1153 -61

前日に子会社が優待制度廃止を発表している。



ロードスターキャピタル<3482> 1853 -56

都内のオフィス空室率の上昇傾向なども警戒か。



ラクスル<4384> 2041 -79

上値の重さ意識でリバウンド一巡感も。



アイスタイル<3660> 258 -16

高値圏で利食い売り圧力が強まる状況に。



ブイキューブ<3681> 1242 -39

テレワーク実施率の低下などをネガティブ視。



ケーズHD<8282> 1346 -59

米ウォルマートの決算ショックが波及とも。



アダストリア<2685> 1937 -104

小売セクター軟化の流れにも押される。



ニトリHD<9843> 13855 -475

7月月次発表後は出尽くし感が優勢か。



Gunosy<6047> 782 -23

リバウンド一巡で処分売り優勢の展開続く。



キヤノン<7751> 3167 -33

円安効果で業績上方修正も出尽くし感先行。



カプコン<9697> 3830 -25

第1四半期減収減益決算をマイナス視。



オムロン<6645> 7198 -75

自社株買い発表下支えも第1四半期大幅減益決算マイナス視。



ポラリスHD<3010> 125+30

フィリピンのホテル運営大手子会社化を材料視。



不二硝子<5212> 1420 +300

サル痘関連として26日から人気化。



fonfun<2323> 439 +80

値動きの軽い低位株として短期資金の関心が続く。



IMV<7760> 441 +16

CATARC天津での振動試験装置導入など発表。



テセック<6337> 1890 -243

第1四半期大幅営業減益をネガティブ視。



ビジョナリーホールディングス<9263> 138 -10

26日に大幅高の反動で利食い売りが優勢。



第一商品<8746> 164 -15

先週の株価急騰の反動が強まる。



相模ゴム<5194> 769 -50

26日は長い上ヒゲ残す形にもなり。



ブシロード<7803> 1470 +61

22年6月期の営業利益予想を上方修正、モバイルゲームで利益拡大。



マクアケ<4479> 1749 +21

22年9月期第3四半期は営業赤字。アク抜け感が先行も買いは続かず。



インバウンドテック<7031> 3400 +45

インデンコンサルティングが提供する「スマイルコール」事業を譲受。



窪田製薬HD<4596> 281 +7

スターガルト病治療薬候補のデータベースロック完了、8月に結果報告予定。



ANYCOLOR<5032> 6460 +270

同社など直近IPOの一角に物色。



PSS<7707> 696 -50

直近の急伸に対する反動が優勢。



ランサーズ<4484> 264 +12

中京銀行と業務提携を開始し、東海エリアへ初進出と発表。



フルッタフルッタ<2586> 104 +15

代替肉のネクストミーツと業務提携契約締結。



サイジニア<6031> 972 -43

26日はグループ会社が『デクワス.LISTING』を提供と発表し関心高まったが。



GNI<2160> 1746 +134

直近高値水準からの上放れ。