ポラリス・ホールディングス<3010>は26日、親会社であるスターアジアグループとのリレーションを活用し、フィリピンの持ち株会社(フィリピン買収対象企業グループ)の全株式を取得するための株式売買契約を締結し、子会社化することを発表。



フィリピン買収対象企業グループは、「Red Planet Group」に属し、Red Planetブランドで13棟の宿泊特化型ホテルを保有・運営し、2つの潜在的ホテル開発用地を有する、12社を子会社に有する持ち株会社。Red Planet Groupはフィリピンに加えて、日本、インドネシア及びタイにおいてホテル運営事業を展開している。同グループは、先進的なITプラットフォームを活用することで、効率的な運営がなされている一方、急速な成長に伴い借り入れを拡大した結果、多額の有利子負債を抱えている。子会社化にあたっては、貸付債権の相殺・消滅について合意しており、実質的に約79.22億円が債務免除され、純資産額は約44.54億円となる。



株式売買契約の締結及び買収対象企業の全株式の取得は、同社子会社のポラリス・アジアを通じて行う予定。全発行株式の取得価格は、約8.57億円。



同社グループの実施する成長戦略の一環としてフィリピン買収対象企業グループの全株式取得を完了することにより、同社グループの運営ホテル数は44棟、7,890室となり、コロナ禍の始まり以来、運営客室数が2.54倍の増加となったとしている。