銘柄名<コード>29日終値⇒前日比
フタバ産業<7241> 370 -30
通期業績予想を下方修正している。

日野自動車<7205> 687 -48
第1四半期大幅減益決算をマイナス視。

日立建機<6305> 2916 -134
業績上方修正だが出尽くし感先行へ。

三菱自動車工業<7211> 460 -28
前日は決算を好感して急伸へ。

アステラス製薬<4503> 2087.5 -95.5
ファイザーの決算などネガティブ視か。

大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 2767 -103
決算受けた東邦チタニウムの株価下落に引きずられる。

エクセディ<7278> 1728 -92
通期業績予想を下方修正している。

日産自動車<7201> 502.4 -25.6
第1四半期想定線も通期計画据え置きで売り優勢。

システナ<2317> 454 -26
第1四半期は小幅増益で市場想定を下回る。

村田製作所<6981> 7747 -212
第1四半期は市場想定下振れで2ケタ減益。

キーエンス<6861> 52430 -1500
中国ロックダウンの影響などで第1四半期はコンセンサス下振れ。

デンソー<6902> 7234 -397
第1四半期大幅減益で通期予想を下方修正。

OLC<4661> 20150 +705
第1四半期はコンセンサス上振れで安心感先行。

きもと<7908> 254 +24
自社株買い実施発表を買い材料視。

ポプラ<7601> 157 +11
特に材料観測されないが折に触れて急動意の経緯。

ウエストHD<1407> 4080 +235
29日は再生エネ関連の一角がしっかりの動きで。

Abalance<3856> 5100 +390
再生エネ関連上昇の流れが波及。

オーバル<7727> 555-150
アントンパールから「趣旨説明書」を受領。

fonfun<2323> 459 -60
週末要因もあり短期資金の利食い売り優勢。

GMO−AP<4784> 486 -77
「GMOメタバース ラボ」発足を材料視で直近急伸の反動。

不二硝子<5212> 1395 -186
連日の株価上昇で過熱警戒感も強まる。

ドリコム<3793> 741 +100
第1四半期の営業利益は前年同期比62.1%増の8.17億円で着地。

そーせい<4565> 1430 +106
同社公式ブログが手掛かり材料との見方。

エンバイオHD<6092> 571 +8
再生可能エネルギーを用いたコーポレートPPA事業会社を子会社化。

ユーザベース<3966> 806 +38
経産省の事業適応計画の認定受ける、純利益に改善効果。

リボミック<4591> 205 +2
変形性関節症治療薬のRBM-010が米国とシンガポールで特許査定。

Bエンジニア<7352> 995 +55
8月31日を基準日として1対2の株式分割を実施へ。

プロパティデータバンク<4389> 2032 -203
第1四半期決算を受けて下落。

フリー<4478> 3200 +212
東証グロース市場の主力処にも物色散見。

unerry<5034> 2510 -310
上場2日目、引き続き物色活発。

HOUSEI<5035> 673 +100
上場2日目、引き続き物色活発。