銘柄名<コード>29日終値⇒前日比

有機合成薬品工業<4531> 318 +43

第1四半期営業利益6.4倍。



シンプレクスHD<4373> 1971 +171

新規案件獲得で第1四半期売上高は四半期として過去最高。



大同特殊鋼<5471> 3950 +235

中間期利益予想を上方修正。



TDSE<7046> 1416 +232

第1四半期営業利益は0.41億円と前年同期の0.11億円の赤字から黒字に転換。



大塚HD<4578> 4754 -149

中間期営業利益39%減。



カワタ<6292> 927 -87

第1四半期営業損益は0.16億円の赤字と前年同期の1.90億円の黒字から赤字に転落。



ホシデン<6804> 1479 +138

上半期大幅上方修正にサプライズも。



ペガサスミシン製造<6262> 760 +63

通期業績の上方修正を発表。



山陽特殊製鋼<5481> 2019 +155

決算受けて野村證券では目標株価引き上げ。



ブイキューブ<3681> 1390 +102

新型コロナ感染拡大でテレワーク需要拡大への期待も再燃。



アンリツ<6754> 1622 +89

部材調達問題への懸念などは後退へ。



メドピア<6095> 2181 +96

アルフレッサとの共同展開など期待視も。



レノバ<9519> 2507 +148

米再エネ関連の上昇が刺激に。



ダブル・スコープ<6619> 1870 +112

韓国子会社がイオン交換膜事業に参入。



ペプチドリーム<4587> 1655 +86

そーせいの株価急伸などが刺激材料にも。



グローセル<9995> 423 +18

第1四半期の高い業績変化率を受けて。



ベイカレント・コンサルティング<6532> 41300 +1900

米長期金利低下で中小型グロース株の買い優勢。



メルカリ<4385> 2285 +95

米長期金利の低下などで買い安心感。



エムスリー<2413> 4615 +253

岩井コスモ証券では投資判断を格上げ。



アスクル<2678> 1753 +79

7月の月次動向をポジティブ視。



アドバンテスト<6857> 7850 +310

想定上回る業績上方修正や自社株買いを評価。



エムアップ<3661> 1536 +34

連結子会社の資本提携の動きなどを材料視。



アウトソーシング<2427> 1190 +37

リクルートの上昇などが人材関連の見直し材料に。



IBJ<6071> 770 +43

特に材料ないが28日から動意づく展開に。



サイバーエージェント<4751> 1321 +42

28日は決算嫌気で大幅安となったが。



ラクスル<4384> 2184 +95

米長期金利低下などで緩やかなリバウンド基調続く。



SREHD<2980> 2737 +73

中小型グロース株は引き続き堅調。



ルネサスエレクトロニクス<6723> 1270 -101

第3四半期の車載向け伸び悩み見通しをマイナス視。



東邦チタニウム<5727> 2220 -263

上半期上方修正幅限定的で出尽くし感が優勢。



三菱鉛筆<7976> 1413 -154

業績上方修正も出尽くし感につながる。



明電舎<6508> 2051 -157

第1四半期は営業赤字幅が拡大。



日本電気<6701> 4895 -395

第1四半期はコンセンサス下回り営業赤字転落。