銘柄名<コード>1日終値⇒前日比

新日本科学<2395> 1949 -101

2ケタ増益見通しに上方修正だが出尽くし感優勢。



LIXIL<5938> 2562 -176

第1四半期大幅減益決算を嫌気。



富士通<6702> 17290 -1225

第1四半期は想定以上の低調スタートに。



大平洋金属<5541> 2343 -137

通期業績下方修正で営業赤字見通しに。



電源開発<9513> 2070 -172

第1四半期増益決算も市場コンセンサス下振れ。



ポーラオルHD<4927> 1553 -71

通期業績下方修正で一転営業減益に。



北陸電力<9505> 516 -26

第1四半期は想定以上の赤字決算に。



スクロール<8005> 818 -68

第1四半期は大幅経常減益決算に。



マンダム<4917> 1543 -76

第1四半期黒字転換で好進捗も出尽くし感強まる展開に。



ソニーグループ<6758> 11320 -375

ゲーム事業下振れによる通期営業益下方修正を嫌気。



SCSK<9719> 2260 -72

第1四半期営業減益決算をネガティブ視。



日本電気硝子<5214> 2511 -129

上半期営業利益は会社計画下回る着地に。



FOOD & LIFE COMPANIES<3563> 2471 -108

モルガン・スタンレーMUFG証券では投資判断を格下げ。



九州電力<9508> 841 -29

第1四半期経常赤字幅は市場コンセンサスをやや上振れ。



レーザーテック<6920> 18690 -645

ゴールドマン・サックス証券では投資判断を格下げ。



商船三井<9104> 3775 +140

配当引き上げによる利回り妙味の一段の上昇評価が続く。



デンソー<6902> 7573 +339

先週末は決算発表を受けて大幅安となったが。



日立<6501> 6614 -90

通期業績上方修正だがコンセンサスには未達。



JT<2914> 2331 -56.5

決算を受けてロシア事業の先行き懸念を再度意識も。



KDDI<9433> 4220 -72

第1四半期は小幅ながら営業減益決算に。



新光電工<6967> 3535 +149

第1四半期は市場想定を大幅上振れ着地に。



田中化研<4080> 1368 +300

第1四半期営業大幅増益を好感。



サイバーステップ<3810> 862 +130

3日からのNFT販売開始を控えて。



オーナンバ<5816> 552 +80

業績・配当予想を上方修正へ。



fonfun<2323> 419 -40

先週半ばにかけて急騰の反動が続く。



M&A総合研究所<9552> 2868+500

22年9月期予想を上方修正、営業利益は12.71億円から17.40億円に引き上げ。



TDSE<7046> 1560 +144

第1四半期の売上高は大幅増、営業損益も黒字浮上。



EduLab<4427> 673 +100

22年9月期予想を下方修正、増進会ホールディングスと資本業務提携。



アズーム<3496> 6820 -610

第3四半期決算を受けて短期的な出尽くし感が優勢か。



メディアシーク<4824> 410 +80

サブスク収益を生み出すオリジナルアプリ開発サービス『S-applico』開始。



Jフロンティア<2934> 1971 +220

フィナンシャル・エージェンシーとの業務資本提携を発表。



JTOWER<4485> 6920 +360

三菱地所と5G基盤整備の推進・営業連携を目的とした基本合意書締結。



ベルトラ<7048> 474 +24

「新型コロナ「2類」からの引き下げを検討」との報道で旅行関連に物色か。



ミクリード<7687> 900 +82

業績予想の上方修正を好感する動きが優勢。



HOUSEI<5035> 773 +100

直近IPO、引き続き物色活発。