■株主還元策



高島<8007>は株主に対する利益還元を経営の重要課題の1つとして認識している。2022年3月期の実績は好業績を受けて、1株当たり配当金が前期比70円増の130円、配当性向が同18.1ポイント増の45.1%と急伸した。



同社の株主還元を重視する姿勢は、今後も継続すると弊社では見ている。2023年3月期の配当予想は前期比10円増の通期140円としているほか(中間配当70円、期末配当70円を予想)、2026年3月期までの上場維持基準の適合に向けた取り組みのなかで、総還元性向50%(連結配当性向40%以上、機動的な自己株式の取得・消却、総還元額の下限を5億円に設定することによる)を目標とする方針も打ち出している。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 清水陽一郎)