銘柄名<コード>5日終値⇒前日比

日電波<6779> 1310 +134

第1四半期営業利益は前年同期比2.5倍。通期予想に対する進捗率30%。



極洋<1301> 3675 +150

第1四半期営業利益68%増。通期予想に対する進捗率34%。



JWS<7386> 1509 +112

通期予想の営業利益に対する第3四半期段階の進捗率80%。



指月電<6994> 505 -48

第1四半期営業損益は1.03億円の赤字。



トピー工<7231> 1303 -78

第1四半期営業損益は5.69億円の赤字。



ジェイテックコーポレーション<3446> 1800 -169

200日線下回り見切り売りも。



UACJ<5741> 2662 +475

第1四半期は想定以上の大幅増益で着地。



アイロムグループ<2372> 2381 +400

第1四半期大幅増益決算がインパクトに。



中山製鋼所<5408> 545 +80

第1四半期大幅増益で通期予想を上方修正。



有沢製作所<5208> 1217 +164

投資有価証券売却益などで最終益予想を上方修正。



加賀電子<8154> 3740 +425

通期業績予想の上方修正を発表。



大阪チタニウムテクノロジーズ<5726> 3250 +503

今期業績改善見通しや復配発表を好材料視。



gumi<3903> 782 +96

6月末高値更新で上値妙味も広がる。



キッツ<6498> 785 +86

業績・配当予想を上方修正。



曙ブレーキ工業<7238> 172 +22

為替差益発生などで第1四半期最終益は大幅増益。



スクエニHD<9684> 6390 +640

第1四半期経常益は市場想定を大幅に上回る。



キッコーマン<2801> 8620 +730

第1四半期は市場想定に反して増益を確保。



日本製鉄<5401> 2085.0 +160.0

利益目標堅持で買い安心感が優勢に。



日本通信<9424> 213 +9

第1四半期高い業績変化率を材料視。



芝浦メカトロニクス<6590> 11070 +500

第1四半期の高い収益変化率を好感。



ラクスル<4384> 2446 +95

クレディ・スイス証券では買い推奨を継続。



エイベックス<7860> 1635 +63

第1四半期営業益は通期計画を大幅に超過。



IRJ−HD<6035> 2445 +125

緩やかなリバウンド基調が継続する格好に。



ピアラ<7044> 724 +15

NFTフィジカルイベントの開催を発表。



ぐるなび<2440> 457 +29

業績上方修正を好材料視する動き継続。



東邦チタニウム<5727> 2351 +123

大阪チタが決算受けて大幅高となり。



DMG森精機<6141> 1801+91

通期受注計画などは上方修正へ。



BEENOS<3328> 2048 -500

4-6月期の減益幅拡大で失望売り優勢。



シスメックス<6869> 8241 -1055

第1四半期は中国低迷で想定以上の大幅減益に。