品川リフラクトリーズ<5351>は4日、2023年3月期第1四半期(22年4月-6月)連結決算を発表した。売上高が前年同期比14.8%増の296.61億円、営業利益が同4.9%減の25.59億円、経常利益が同9.4%増の31.21億円、親会社株主に帰属する四半期純利益が同11.3%減の19.19億円となった。



耐火物及び関連製品事業は、売上高は、耐火物原料価格の販売価格への転嫁が進んだこと等により前年同期比19.0%増の235.38億円、セグメント利益は、サンゴバン社のブラジル事業及び米国事業の譲受けに係る一過性の関連費用3億25百万円を計上等により同0.7%減の24.52億円となった。



エンジニアリング事業は、製鉄所構内工事の増加等により、売上高は前年同期比2.0%増の58.58億円、セグメント利益は同1.1%増の4.25億円となった。



不動産事業は、一部物件の賃貸契約が終了したこと等により、売上高は前年同期比15.2%減の2.65億円、セグメント利益は同12.1%減の1.42億円となった。



2023年3月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比11.0%増の1,230.00億円、経常利益が同7.3%増の115.00億円とする期初計画を据え置いている。また、同日、未定としていた第2四半期配当予想を100.00円とすることを発表した。