スズキ<7269>は大幅反発。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は745億円で前年同期比36.8%増益、市場コンセンサスを200億円程度上回る水準になっている。インドの生産正常化などもあって、台数増効果や売上げミックス改善効果などが想定以上に強まっているようだ。通期計画1950億円、前期比1.8%増は据え置いているものの、第1四半期上振れを受けて、コンセンサスは切り上がる方向になっているもよう。