銘柄名<コード>9日終値⇒前日比

図研<6947> 3760 +220

第1四半期営業利益50%増。



ディーエムソリューションズ<6549> 865 +68

第1四半期営業利益は0.66億円。前年同期の0.31億円の赤字から黒字に転換。



レオン自動機<6272> 1216 -111

第1四半期営業利益は1.76億円。通期予想に対する進捗率は6%。



安藤ハザマ<1719> 853 -30

第1四半期営業利益61%減。通期予想に対する進捗率7%。



森永乳業<2264> 4530 -260

第1四半期営業利益36%減。



EduLab<4427> 740 -60

200日線近辺が上値抵抗帯に。



LITALICO<7366> 3035 +502

好決算受けて野村證券では投資判断を格上げ。



デサント<8114> 3455 +504

第1四半期大幅増益で業績予想を上方修正。



トレンドマイクロ<4704> 8580 +1020

米バリューアクトの大量保有が明らかに。



セレス<3696> 1273 +129

決算受けて前日売り先行後は悪材料出尽くし感で。



NISSHA<7915> 1696 +113

12月期業績予想を上方修正している。



ラウンドワン<4680> 1913 +151

業績・配当予想上方修正や株式分割を引き続き好感。



BEENOS<3328> 2293 +212

2000円レベル支持線と意識でリバウンドへ。



チャームケア<6062> 1302 +128

今期の大幅増益見通しを材料視。



フィールズ<2767> 1423 +118

決算内容を評価する動きが継続へ。



ファンコミュニケーションズ<2461> 428 +41

上半期業績は従来計画を上振れ着地で自社株買いも。



三井E&S<7003> 427 +36

決算発表後はあく抜け感が優勢に。



日産化学<4021> 7160 +470

第1四半期想定以上に好調で業績上方修正。



テイクアンドギヴ・ニーズ<4331> 1867 +100

業績大幅上方修正を引き続き評価で。



日本通信<9424> 245 +13

第1四半期決算評価の流れが継続。



レオパレス21<8848> 303 +18

7日に発表の決算を見直す動きに。



GMOインターネット<9449> 2850 +167

4-6月期大幅増益決算を評価。



ライオン<4912> 1572 +80

4-6月期大幅減益も会社計画は上振れ着地。



三井松島HD<1518> 4030 +60

業績・配当予想上方修正を引き続き材料視。



ホシザキ<6465> 4275 +245

為替差益計上などで上半期最終大幅増益に。



KADOKAWA<9468>3000 +127

調整一巡感から自律反発へ。



エンシュウ<6218> 814 -144

第1四半期営業赤字で業績予想を下方修正。



住友ゴム工業<5110> 1145 -111

4-6月期営業赤字転落で通期予想を下方修正。



オプテックスグループ<6914> 2026 -216

上半期好決算発表も出尽くし感で利食い売り優勢。



日本製鋼所<5631> 2861 -289

第1四半期大幅減益決算を嫌気。



メルカリ<4385> 2090 -214

トップダウン成長見通しにはインパクト限定的。



日東工業<6651> 2374 -230

第1四半期大幅減益決算を嫌気。



ロードスターキャピタル<3482> 2028 -283

決算受けて前日は大幅上昇だが。



東京エレクトロン<8035> 45600 -4100

前工程製造装置の市場前提を下方修正。