アイリックコーポレーション<7325>は16日、同社と子会社のインフォディオが開発したAI-OCRソリューション「スマートOCR」のオプション機能である「スマートOCRクリエイトフォーム」(特許出願済み)をflixyの提供する「メルプWEB問診」に搭載し、両社共同で全国の医療機関へ展開することに合意したと発表した。



医療機関への「スマートOCRクリエイトフォーム」を搭載したサービスの提供は同件が初めてで、2022年8月より実証実験を開始し、順次全国10万軒の医療機関・診療所を対象とした本格展開を推進するとしている。



flixyが企画・開発する「メルプWEB問診」は、WEB問診のリーディングサービス。従来は紙面のみで運用されていた問診を、スマートフォンで実施することを可能にするサービスだが、スマートフォンを持たない高齢者や介助が必要な患者への配慮のため、部分的に紙の問診票の利用を継続する場合があり、医療機関から「包括的にデジタル管理をしたい」との要望があった。

今回の協業で、同社の「スマートOCRクリエイトフォーム」をメルプWeb問診の機能として搭載することにより、医療機関で紙の問診票を撮影しアップロードすることで、問診票の内容を高い精度でテキストデータ化し反映することが可能になるとしている。