■株主還元策



E・Jホールディングス<2153>は株主への利益還元として、配当金と株主優待制度を導入している。配当金については安定かつ継続的な増配を基本方針とし、当面は株主資本配当率(DOE)3%を目安に事業環境や利益水準、配当性向等を総合的に勘案して決定する。2023年5月期の1株当たり配当金は前期比7.0円増配の50.0円と6期連続増配を予定している。DOEは2.6%の水準で、2025年5月期に向けて3%の水準を目指していくことになる。業績が中期経営計画どおりに進捗しDOEが3.0%になると仮定すれば、2025年5月期の1株当たり配当金は60円台半ばの水準まで増加するものと予想される。



また、株主優待として毎年11月末の株主に対して保有株式数に応じてQUOカードを贈呈している。具体的には、100株以上1,000株未満で1,000円分、1,000株以上5,000株未満で3,000円分、5,000株以上で5,000円分を贈呈する。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 佐藤 譲)