スクリーンHD<7735>は続落。SMBC日興証券では投資判断を「1」から「2」に格下げ、目標株価も16000円から9200円に引き下げている。WFE(前工程装置)の市場前提を、今年度は前年度比19%増から11%増に、来年度は5%増から12%減に下方修正している。それに伴い業績予想を下方修正、23年3月期営業利益は845億円から755億円に、24年3月期は920億円から635億円に引き下げている。TSMCの投資減速の影響が大きくなるとみているようだ。