■事業概要



2. ビジネスモデル

クロス・マーケティンググループ<3675>ビジネスモデルの特徴は、データマーケティング事業とインサイト事業のリサーチ機能による生活者の理解と、デジタルマーケティング事業による実行支援を組み合わせることで、付加価値の高い総合マーケティングソリューションを提供できることにある。具体的には、祖業のネットリサーチやオフラインリサーチなどによって生活者のデータを効率的に収集し、生活者の“Why?”を分析し理解する。そうしたデータや理解に基づいた的確なマーケティングツールを活用することで、顧客のマーケティングの実行支援につなげている。また、同社はマーケティングプロセス全域に関わっているため、様々な場面で生じる顧客の課題解決も支援することができる。さらに、セールス、リサーチャー、ディレクターなどすべての担当者が一丸となり、各事業が一体となることで、機動的に課題を解決するサポート体制も大きな特徴といえよう。





大規模パネルネットワーク、詳細な生活者データなどに強み

3. 同社の強み

同社の強みは、リサーチによる生活者の理解(データマーケティング事業とインサイト事業)とマーケティングの実行支援(デジタルマーケティング事業)を組み合わせることで、顧客の事業推進や成長に直結する高付加価値なサービスを提供する、同社ビジネスモデルそのものにあるといえる。さらに、こうしたビジネスモデルを支える、752万人を超える大規模なパネルネットワーク、5,000社、72,000窓口の顧客基盤、データアナリティクス技術と300名超のアナリスト、ネットリサーチシステムと100名超のエンジニアといった同社の資産・インフラも大きな強みである。これらのリサーチインフラを有しながら、DXを背景に大きく変化する市場環境に対応することで、マーケティングプロセス全体においてソリューションサービスを提供できる数少ない企業の1つであるということも強みといえる。なかでもパネルネットワークは、最大2,500項目に及ぶ詳細な質問の結果構築された生活者データを基盤としており、その量と品質、信頼性は抜きん出ている。さらに、コロナ禍から回復中のオフラインリサーチも今や他にない特徴となってきており、オフラインならではの生活者の機微を把握したリサーチという非常に付加価値の高いサービスを提供できるのである。



現状競合といえるのは、マーケティングリサーチで従来からライバルといわれるマクロミル<3978>とインテージホールディングス<4326>だが、市場の定義が変わったことで各社の方向感が微妙に異なり、競合しない分野も増えている印象である。マーケティングプロセスの各場面においては、インターネット広告のOrchestra Holdings<6533>やWebサイト制作やシステム構築のメンバーズ<2130>などリサーチ業界以外の企業も競合になってきた。しかし、マーケティング実行支援を主業務とする大手インターネット広告代理店に対しては、顧客アプローチが、広告代理店が仮説から実行支援を提案するのに対し、同社はリサーチに基づく事実によって提案するため、現状、競争相手というより業界発展のための協業相手といった方が適当かもしれない。こうした企業の動向に関しては同社も常にベンチマークしており、連携も競合もしっかりと対処しているようである。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 宮田仁光)