■Jトラスト<8508>の業績動向



3. 財政状況と経営指標

2022年12月期第2四半期末の資産合計は、前期末比454,270百万円増の1,064,901百万円となり、金融事業の成長と事業ポートフォリオの再構築により、初めて1兆円の大台を超えた。資産の増加は主に、JT親愛貯蓄銀行やエイチ・エス証券を連結子会社としたことに加えて、銀行業における貸出金が順調に増加したことから、銀行業における貸出金が345,869百万円、現金及び現金同等物が34,942百万円、証券業に関連する資産が28,958百万円それぞれ増加したこと等による。一方、負債合計は、同428,733百万円増の931,418百万円となった。これは主に、JT親愛貯蓄銀行やエイチ・エス証券の連結子会社化に伴い、銀行業における預金が387,289百万円、証券業に関連する負債が27,510百万円それぞれ増加したこと等による。また、資本合計は、同25,537百万円増の133,483百万円となった。これは主に、親会社の所有者に帰属する四半期利益計上により利益剰余金が10,809百万円、海外子会社等の換算差額の増加等によりその他の資本の構成要素が8,162百万円増加したこと等による。



以上の結果、2022年12月期第2四半期末の親会社所有者帰属持分比率は11.1%(前期末は15.7%)となった。同比率は2017年3月期末の24.2%から低下しているものの、2022年3月期の東証1部銀行業平均の4.49%やその他金融業平均の6.14%を大きく上回る強固な財務基盤を維持している。今後は利益の積み上げに伴い、上昇すると予想される。



2022年12月期第2四半期のキャッシュ・フローの状況としては、営業活動によるキャッシュ・フローは6,211百万円の収入となった。これは主に、税引前四半期利益の計上13,707百万円、銀行業における預金の増加73,542百万円などの資金の増加があった一方で、銀行業における貸出金の増加77,082百万円などの資金の減少があったことによる。投資活動によるキャッシュ・フローは17,661百万円の収入であったが、これは主に、株式交換における子会社の支配獲得による収入が20,519百万円と資金が増加したことによる。財務活動によるキャッシュ・フローは567百万円の支出であったが、これは主に、長期借入金の純増1,287百万円の一方で、短期借入金の純減1,367百万円、リース負債の返済による支出が399百万円と資金が減少したことによる。以上の結果、2022年12月期第2四半期末の現金及び現金同等物は前期末比34,942百万円増加し、109,590百万円となった。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 国重 希)