銘柄名<コード>7日終値⇒前日比



Sansan<4443> 1266 -96

米長期金利上昇で中小型グロース株弱い。



日本郵船<9101> 9420 -810

社長インタビュー報道を弱材料視。



シャープ<6753> 935 -66

SMBC日興証券では目標株価を引き下げ。



マネーフォワード<3994> 3260 -180

中小型グロース株の代表銘柄の一つでもあり。



商船三井<9104> 3250 -245

日本郵船社長インタビュー報道で大手海運株が大幅安。



川崎汽船<9107> 7890 -520

コンテナ船事業のピークアウトを警戒視。



ロードスターキャピタル<3482> 1751 -83

特に新規材料観測されないが節目の1800円水準割り込んで。



インフォマート<2492> 387 -19

中小型グロース株安の流れ逆風に。



ニコン<7731> 1460 -67

大型買収による資金負担増などを警戒する動き継続か。



gumi<3903> 770 -29

決算発表も接近で利食い売りの動き強まるか。



IRJ−HD<6035> 2167 -141

先月末にかけてのリバウンドの反動が続く形に。



オイシックス・ラ・大地<3182> 1818 -62

シダックス買収の行方などに不透明感強まり。



メルカリ<4385> 2118 -89

ルクソールの保有比率が低下。



ダブル・スコープ<6619> 2626 -24

高値更新による買い戻しの動きにも目先一巡感か。



シダックス<4837> 608 +32

コロワイドによる事業買収の提案が伝わる。



壽屋<7809> 7670 +550

業績上振れ期待など手掛かりに6日から強い動き。



MSコンサル<6555> 628 +9

ダイソーがミステリーショッピングリサーチを導入と。



RVH<6786> 98 -19

直近急伸からの高値圏での利食い売りが優勢に。



ユークス<4334> 879 -126

25日線割れで利食い売りの動き優勢に。



エンバイオHD<6092> 735 +100

浄化技術の事業計画がバイオレメディエーション利用指針に適合。



シノプス<4428> 1331 +91

西友に需要予測型自動発注サービス「sinops-CLOUD」提供。



ツクルバ<2978> 937 +70

22年7月期の営業損益予想を上方修正、仲介取引堅調で赤字縮小。



タスキ<2987> 1134 -53

22年9月期の利益予想を上方修正、営業利益は15.70億円から16.80億円に。



DDS<3782> 92 +1

多要素認証基盤がSkyのシンクライアントシステム

「SKYDIV Desktop Client」に連携。



AIinside<4488> 4325 -145

国内証券で格下げ観測。



プレミアアンチエイジング<4934> 2820 +5

新ブランド「Reinca(レインカ)」を9月21日より販売開始。



アスカネット<2438> 891 -80

第1四半期決算を受けて売りに押される。



インフォネット<4444> 873 +150

セキュアブレインとの業務提携を好感。



セキュアヴェイル<3042> 310 +20

サイバーセキュリティ関連の銘柄に物色散見。