■今後の見通し



● 2022年12月期業績の見通し

日本創発グループ<7814>の2022年12月期通期の連結業績予想は、売上高が前期比9.8%増の60,000百万円、営業利益が同26.1%増の2,200百万円、経常利益が同3.3%増の2,500百万円、EBITDAが同3.3%増の4,700百万円、親会社株主に帰属する当期純利益が同57.6%増の1,500百万円とする期初計画を据え置いた。各分野での積極的な営業展開や新規連結(5社予定)効果などが寄与することで増収増益を見込んでいる。



経済状況の不安定を考慮し期初予想を据え置いたものの、第2四半期累計の進捗率は売上高で49.0%、営業利益で71.0%、経常利益で65.5%、EBITDAで58.9%、親会社株主に帰属する当期純利益で51.6%と順調に推移している。国内の経済活動が正常化に向かっていることなども勘案すれば、予想を上振れて着地する可能性が高いと弊社では見ている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 水田雅展)