■株主還元



サムティ<3244>は、株主に対する利益還元を経営の最重要課題の1つであると認識しており、配当についても、業績を反映させるとともに、今後の事業計画や財政状態を総合的に勘案したうえで実施する方針としている。



2021年11月期の年間配当額については、前期比8円増配の1株当たり90円(中間39円、期末51円)を実施した。2022年11月期も前期と同額の年間配当を予定している。同社は配当性向30%を目標水準としているが、弊社では今後の利益成長に伴う増配余地は大きいと見ている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)