アイル<3854>は7日、2022年7月期連結決算を発表した。売上高が129.44億円、営業利益が21.00億円、経常利益が21.21億円、親会社株主に帰属する当期期純利益が13.77億円となった。「収益認識に関する会計基準」(企業会計基準第29号 2020年3月31日)等を当年度の期首から適用しており、2022年7月期に係る各数値については、当該会計基準等を適用した後の数値となっており、対前期増減率は記載していない。



ITの有効活用が必要な中堅・中小企業顧客の経営課題を解決するための商材を「リアル」と「Web」の両面から開発・提案し、顧客の企業力強化を図ることを「CROSS-OVER シナジー」戦略とし取り組んできた。「CROSS-OVER シナジー」戦略は、同社グループが提唱してきた独自の提案スタイルで、「リアル」と「Web」それぞれの商材を複合的に提案し、顧客の業務効率と販売力強化を実現するものであり、商談時の競合力を強化するだけでなく、顧客満足度も向上させるものとしている。この戦略効果により、重視するストック型ビジネス商材の販売実績が大きく伸長し、利益体質の強化が図られている。



販売実績について、「リアル」面では、主力のパッケージソフトウェア「アラジンオフィス」の商品力の強化を、業種別に継続して進め、販売面でもパートナー企業との連携に加え、コロナ禍においては、Web会議を利用した打合せ等を積極的に行い、豊富な業種別の導入事例をもとに顧客毎に最適なシステム活用方法を提案することで、受注実績も堅調に推移した。ただし、収益面については、前年度4Qの顧客検収の集中と当年度からの会計基準の変更影響による1Qスロースタートが尾を引き、当年度はその反動により、売上高は減少したが、売上総利益率の向上等により各段階利益は前年度の業績を上回る結果となった。



「Web」面では、複数ネットショップ一元管理ソフトである「CROSS MALL」について、新たなショッピングモールとの連携開発を当年度も継続して取り組んだ。また、ネットショップと実店舗のポイント・顧客一元管理ソフトである「CROSS POINT」についても、販売実績を伸ばしている。当年度においても、継続して製品の開発に注力し、将来における新たな技術開発による市場競争力向上に向け、研究開発費0.68億円を計上している。島根県松江市の研究開発拠点である「アイル松江ラボ」においては、プログラミング言語「Ruby」によるシステム強化の活動を本格的に始動している。



2023年7月期通期の連結業績予想については、売上高が前期比8.9%増の141.00億円、営業利益が同14.3%増の24.00億円、経常利益が同14.4%増の24.26億円、親会社株主に帰属する当期純利益が同12.7%増の15.53億円を見込んでいる。



また、同日、2022年7月期の期末配当について、前回予想の1株当たり9.00円から1.00円増配の10.00円にすることを発表した。