暗号資産(仮想通貨)「Skeb Coin(SKEB)」が、9月8日17時に時海外暗号資産取引所OKX(オーケーエックス)に上場した。Skeb Coin(スケブコイン)はクリエイターコミッションサービス「Skeb(スケブ)」運営の国内企業スケブが発行しており、OKXは出来高世界2位の大手暗号資産交換所である。



スケブ社は、Skeb Coinのオファリング方式を暗号資産交換所ZaifのIEOから「DAO Maker」でのIDOへと方針を変更していた。オファリングに係るDAO Maker との条件交渉等や今回の上場に係るOKXとの条件交渉についてはクシム<2345>の連結子会社であるチューリンガムが担当した。



8月30日に開催されたクシムのスケブコイン説明会では、初動の盛り上がりが期待できそうなベンチマークの1つの例としてStep App(FITFI)が挙げられていた。FITFIは、トークンセール価格で0.0049ドル、上場初日の終値はトークンセール価格から約50倍の0.24ドルに、上場初日の出来高は200万ドル、翌日は3500万ドルとなった。1週間かけて初日終値から約3倍の最高値0.73ドルをつけた後、下落する展開となった。なお、FITFIは、Huobi Global、OKX、Bybit、Kucoinなど様々な取引所に上場しているが、BinanceやFTXには上場していない。



さて、9月8日17時にOKXで上場したSkeb Coinは0.0032USDTで初値をつけた。その後は約3倍の0.01USDTで高値を付け、9日9時時点で0.0079USDTで取引されている。ベンチマークとなるFITFIと比較するとやや盛り上がりに欠けるが、今後の動きに注目していきたい。そのほか、将来的にスケブコインがFITFI同様の複数の取引所、主要なBinanceやFTXなどにも取り扱われると更なる盛り上がりが期待できそうだ。



暗号資産を発行するプロジェクトは多いが、ユーザーを多数抱えてるなかで急成長しているサービスの母体がトークンを発行するプロジェクトは、国内でも初の事例となった。同サービスのトークンを出来高世界2位の大手暗号資産交換所に上場させたクシム及びチューリンガムは、今後もweb3時代のフロントランナーとしてより注目が集まるだろう。