■今後の方向性



1. 対象市場

DX化に遅れが見られる国内BtoB卸売市場(約300兆円※1)をはじめ、新型コロナウイルス感染症拡大でさらに深刻化している商品在庫の廃棄ロス(約22兆円※2)、今後拡大が見込まれる返品市場(推定2.2兆円※3)を対象とし、SMBに特化した「モノの再流通インフラ」を構築することにより、流通額の拡大を図っていく戦略である。海外においても、同様の流れのなかで、既に1兆円規模のリーディングカンパニーが誕生しており、オークファン<3674>としても国内でのシェアNo.1を狙う絶好の機会として捉えている。



※1 「電子商取引に関する市場調査」(経済産業省 2021年7月30日発表)等から同社推計。

※2 卸売・小売業、製造業の合計値。「法人企業統計」(財務省)等から同社推計。

※3 国内におけるBtoC EC市場/物販系分野の規模(約12兆円)に、海外(米国)における返品率(約18%)を掛け合わせて推計したもの。





2. 成長戦略の方向性

巨大な国内BtoB卸売市場をはじめ、深刻化している商品在庫の廃棄ロス、今後拡大が見込まれるリバースロジスティクス(返品市場)を対象とし、社会課題の解決に向けた取り組みを同社自らの成長に結び付ける方向性であり、同社グループの各機能を結集・統合した「モノの再流通インフラ」(在庫流動化のワンストップソリューション)の確立により、流通高1兆円以上の実現を視野に入れている。足元では事業の選択と集中を進めているが、今後の方向性に大きな見直しはない。むしろ成長戦略の実現に向けた道筋が見えてきたことが背景であり、「注力事業」への積極投資により、成長スピードを高め、圧倒的な地位(流通額で国内シェアNo.1)を確立するところに狙いがある。また、これまでの国内BtoB卸オンライン市場から、オフラインや海外市場のBtoB卸にも進出し、GMVのさらなる拡大にも取り組む方針である。さらには、同社の保有する売買データにオフラインの卸売データを取り込むことにより、「卸価格/小売価格」、「オンライン/オフライン」の4象限において、最適な価格と販路の選択が可能となるため、在庫流動化支援における流通インフラをデータ面でも強化し、社会の課題である廃棄ロス削減につなげていく考えだ。ポテンシャルの大きな海外展開についても、中国・東南アジア、中東・アフリカ方面などに向けて着々とチャネル開拓を進めており、長期的視野で大きな成長の軸となる可能性を秘めている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 柴田郁夫)