リソルホールディングス<5261>は22日、子会社のリソル不動産がキュレーションホテル協会と新規事業提携(2022年8月26日)し、第一弾として熱海エリア3施設の運営を受託することを発表した。



高級一棟貸別荘需要の世界的な増加を受ける中、リソル不動産はキュレーションホテル協会とインバウンドを含む富裕層市場への進出及び拡大を協力して行うことで、リソルステイ事業における優良施設確保と「スイートヴィラ」ブランド力の向上を図る。



リソル不動産では、「暮らす」ように「泊まる」という理念のもと、高級別荘やリゾートマンションを1泊から1ヶ月以上の長期滞在まで多目的に楽しめる「リソルステイ」事業を関東中心のリゾート地に「スイートヴィラ」ブランドにて展開している。密を避ける傾向や休暇の分散長期化、ワーケーションなどで貸別荘需要が高まる中、別荘所有オーナーに開業から運営・集客をワンストップで行う仕組みを提案し、今後も多様なスタイルの貸別荘の新規開拓を推進する。同時に、様々な宿泊ニーズに対応しながら新しい別荘の過ごし方を提案し、「リソルステイ」事業の更なる拡大を目指す。