■今後の見通し



C&Gシステムズ<6633>は、現時点で2022年12月期業績について、売上高3,949百万円(前期比5.5%増)、営業利益298百万円(同8.0%増)、経常利益327百万円(同13.2%減)、親会社株主に帰属する当期純利益219百万円(同0.1%増)を見込んでおり、期初予想と変わっていない。政府補助金の採択動向が不明であること、世界的な半導体不足やロシア・ウクライナ情勢が製造業全体にどの程度の影響を与えるかなどの不透明要因が多いことから、期初予想と変わらず5.5%増収、8.0%営業増益を予想している。また経常利益が減益となるのは、前期に発生した債務免除益やコロナ関連の助成金等が今期は発生しない前提としているためである。



セグメント別では、CAD/CAMシステム等事業の売上高は3,445百万円(前期比7.0%増)、営業利益は282百万円(同16.1%増)、営業利益率は8.2%(同0.6ポイントアップ)を見込んでいる。納期は延びているが工作機械の受注水準が高いことや、引き続き保守契約・サービスが堅調に推移すると見られることから、増収増益を予想している。金型製造事業は、売上高は503百万円(同4.2%減)、営業利益は15百万円(同51.7%減)、営業利益率は3.2%(同3.1ポイントダウン)と通期では減収減益を見込んでいる。



ただしこの予想では、下半期の営業利益は僅か45百万円ということになる。セグメント別でも、下半期のCAD/CAMシステム等事業の営業利益は82百万円、同金型製造事業は39百万円の営業損失となってしまう。確かに自動車業界や工作機械業界の先行きや為替の動向など不透明要因は多いが、現在のこれらの予想はかなり保守的であり、弊社(フィスコ)では、通期の業績予想が上方修正される可能性は高いと見ている。



(執筆:フィスコ客員アナリスト 寺島 昇)