銘柄名<コード>26日終値⇒前日比

ニイタカ<4465> 2268 -191

第1四半期営業利益10%減。



大東建託<1878> 14010 -400

株主優待制度を廃止。



電子材料<6855> 1368 -90

23年3月期業績予想を下方修正。



トライアイズ<4840> 296 +7

1月4日につけた年初来高値を上回るが売りに押され長い上ひげ。



キャンバス<4575> 827 -42

朝方につけた高値で一旦達成感を意識。



バリュエンス<9270> 2128 -99

25日線下回り見切り売りも。



日本電波工業<6779> 1537 +105

想定以上の業績上方修正を発表。



日産車体<7222> 842 +25

引き続き再編思惑などが優勢の状況に。



アイスタイル<3660> 578 +3

アマゾンとの提携効果を期待する動き依然根強い。



ソースネクスト<4344> 264 +3

水際対策緩和による旅行・インバウンド関連として物色。



リンクアンドモチベーション<2170> 741 +37

東海東京証券では目標株価を引き上げ。



鎌倉新書<6184> 879 +43

先週末の長い下ひげで押し目買い意欲など確認も。



ファーマフーズ<2929> 1156 +21

短期的な突っ込み警戒感から自律反発も。



ゲオHD<2681> 1812 +71

岩井コスモ証券の新規買い推奨以降は上値追い。



gumi<3903> 929 +14

25日線レベルでの底打ちからリバウンド期待。



スノーピーク<7816> 2276 +74

社長辞任などへの反応も限定的で下値到達感も広がる。



エイチ・アイ・エス<9603> 2152 -11

岸田首相が「全国旅行割」や「イベント割」の開始表明。



ダブル・スコープ<6619> 1319 -231

地合い悪も重なって見切り売り圧力再度強まる。



北海道電力<9509> 456 -52

今期の大幅赤字見通しをネガティブ視。



INPEX<1605> 1360 -149

先週末のNY原油相場大幅安に連れ安。



出光興産<5019> 3210 -265

検査不正問題での調査報告書発表も原油安マイナス視が優勢。



博報堂DY<2433> 1011 -65

株価下落ピッチ速まり狼狽売りも。



小糸製作所<7276> 4145 -310

トヨタの生産正常化遅れの長期化など懸念も。