スギHD<7649>は大幅反落。前日に上半期の決算を発表、営業利益は155億円で前年同期比4.2%減、従来予想の148億円を上振れ、市場予想もやや上回る着地となっている。物販の粗利益率改善や販管費の抑制などが計画比上振れの背景に。ただ、注目される調剤の粗利益率は、売上の下振れなどもあって想定を下回っており、先行きへの懸念を残す形になっているもよう。第1四半期決算を挟んで株価が上昇していたことで、短期的な出尽くし感にもつながる。