三益半導<8155>は大幅反発。先週末に第1四半期決算を発表、営業利益は32億円で前年同期比75.7%増益に。300ミリウエハーを中心に半導体生産が好調に推移したようだ。また、未定としていた23年5月期の業績計画も公表、営業利益は110億円で前期比45.6%増の見通しとしている。年間配当金計画も前期比19円増の64円としている。営業利益は90億円程度の市場コンセンサスを大きく上回る水準。