高千穂交易<2676>は9月30日、米国GreyOrange社と代理店契約を締結し、パレット搬送用モバイルロボット「Ranger Intralogistics(RILシリーズ)」と人工知能(AI)搭載の管理ソフトウェア「GreyMatter(TM)」による物流ソリューションのサブスクリプションサービス提供を開始することを発表。



「2024年問題」としてドライバーの確保が課題とされている中、連動するかのように倉庫業務の慢性的な人手不足や高齢化への対策も急務となっている。同社は、倉庫や工場のDX化による省人化や効率化・安全性向上を目的として、パレット搬送用モバイルロボットとAI搭載の管理ソフトウェアを用いた物流ソリューションのサービスを提案する。



RILシリーズを利用することで、これまでフォークリフトやハンドリフト作業員が人力で行っていた重量物パレットでの商品移動を、作業員に代わって自動化でき、省人化につなげる。また、管理ソフトウェア「GreyMatter(TM)」がロボットの稼働状況をAIで分析し、常に最適化する。そして、倉庫管理システム(WMS)や基幹システム(ERP)と連携することで業務の最適化・効率化を実現する。それによりロボットの安定した稼働と人との協働で、最大60%のオペレーションコスト削減が期待できる。



同社は、「倉庫内での商品移動」や「生産現場での資材・仕掛品移動」「リテール店舗での商品補充・移動」等のデジタル化を小規模から開始したい顧客に向け、今後3年間で3億円の売上を目指す。



また、同ソリューションの稼働にはWi-Fi環境が必要なため、同社が提供するクラウド管理型ネットワークソリューションのCiscoMerakiや、倉庫内の物理セキュリティを強化するクラウド型統合セキュリティソリューションのVerkadaをトータルソリューションとして複合提案し、トータルサービスを提供する。