イオンモール<8905>は反落。前日に上半期決算を発表、営業利益は228億円で前年同期比16.0%増益となったが、第1四半期の21.0%増益に対して、6-8月期は97億円で同9.8%増と増益率は鈍化している。130億円程度の市場コンセンサスを下回っている。中国ロックダウンの影響が響いたほか、国内モールの回復も想定より遅れているとの見方に。通期予想は555億円、前期比45.2%増を据え置いているが、下振れ懸念はより強まる状況となってい。