バイク王&カンパニー<3377>は4日、2022年11月期第3四半期(21年12月-22年8月)決算を発表した。売上高が前年同期比24.2%増の245.12億円、営業利益が同2.2%増の14.67億円、経常利益が同25.6%増の20.08億円、四半期純利益が同30.9%増の13.97億円となった。



中期経営計画初年度にあたる当第3四半期累計期間は、バイクの仕入において、効果的な広告展開、人員や体制の強化に努め、高市場価値車輌の中でもより需要が高い車輌を確保した。また、高市場価値車輌の仕入台数最大化を目的にWEB広告を強化した。リテールは、マーチャンダイジング施策として商品ラインアップの適正化、店舗の新規出店(5店舗)、移転・増床(2店舗)、接客力向上、売り場改善による既存店の販売力強化および通信販売の強化を推進した。また、自動車学校や専門学校と連携し、顧客との接点の拡大や整備インフラの確保、同社初となる海外バイクメーカー・KTMの正規取扱店を出店した。加えて、9月には店舗の新規出店(1店舗)を行った。ホールセールは、販売価格水準を維持するよう販売方法の工夫に努めた。なお、同社のビジネスモデルを発展させ、中長期的な企業価値向上を図ることを目的に、フランチャイズ契約及び業務提携を軸にした新規事業の開発と運営を担う子会社・ライフ&カンパニーを設立し、中古四輪自動車買取・販売事業を開始した。また、より多くの顧客の要望に応えることを目的に、10月にバイク関連商品の販売を行うオズ・プロジェクトの株式取得(完全子会社化)を決議した。



これらの取り組みの結果、リテール台数は、既存店ならびに前期に開発した店舗が好調に推移し、前年同期より大幅に増加した。また、ホールセール台数は、4月以降のオンシーズンに向けて確保していた在庫を販売し、仕入も堅調であったため、前年同期より大幅に増加した。車輌売上単価(一台当たりの売上高)は高市場価値車輌の中でもより需要が高い車輌を販売したことにより、前年同期より大幅に上昇し売上高は大幅増収となり、平均粗利額(一台当たりの粗利額)はやや上昇したため、売上総利益も増益となった。営業利益は、リテール、ホールセールいずれも好調により増益、経常利益以降の各段階利益は、第1四半期における関連会社からの臨時的な受取配当金により、前年同期より大幅な増益となった。



2022年11月期通期については、売上高が前期比22.3%増の325.00億円、営業利益が同13.7%増の17.72億円、経常利益が同32.0%増の23.36億円、当期純利益が同32.0%増の16.18億円とする9月27日に修正した業績予想を据え置いている。