コーユーレンティア<7081>は1日、連結子会社のコーユーイノテックスと網屋<4258>が戦略的業務提携契約を締結したと発表。



網屋はサイバーセキュリティサービスを提供しており、AI テクノロジー搭載のログ分析ソリューションを主力とした「データセキュリティ事業」と、“ICTインフラのクラウド化”をコンセプトに SaaS ネットワークを提供する「ネットワークセキリティ事業」を展開。



業務提携の内容は商品の提供と販売先市場の拡大、サポート・サービス力の拡充と効率化など。コーユーイノテックスは網屋が持つネットワーククラウドサービスのクラウド無線 LAN シリーズ「Hypersonix(ハイパーソニックス)」とクラウドWAN シリーズ 「Verona(ヴェローナ)」の 2 商品を「innoNET(イノネット)」シリーズとし、各々クラウド管理型無線 LAN サービス「innoNET WiFi」とクラウド管理型 VPN サービス「innoNET VPN」として 11 月 1 日より提供する。



今後は、イノテックスの強みである全国でのオンサイトサービスや、複合的なサービスの組み合わせ提案などをメニューに追加し、サービスの拡充を進める。