山一電機<6941>は大幅反落。先週末に上半期の決算を発表、営業利益は66.7億円で前年同期比81.3%増益となっている。一方、未定としていた通期見通しを公表、営業利益は80億円で前期比4.5%の減益見通しに。市場コンセンサスは100億円近い水準であったため、ネガティブなインパクトが強まる形のようだ。下期は半導体市場の減速やモバイル機器市場の低迷などを想定しているもよう。なお、年間配当金は従来計画77円から87円に引き上げ。