銘柄名<コード>7日終値⇒前日比

山一電機<6941> 1836 -370

今期営業減益見通しをネガティブ視。



リコー<7752> 1035 -88

7-9月期は市場想定比下振れで通期予想を下方修正。



有沢製作所<5208> 1218 -55

通期業績予想を下方修正。



IDEC<6652> 3005 -175

上半期好決算で配当予想上方修正だが出尽くし感優勢に。



日本曹達<4041> 4240 -270

上半期営業利益は計画比下振れ。



ケーズHD<8282> 1115 -70

自社株買い発表見送りなどもマイナス視。



協和キリン<4151> 3220 -155

第3四半期決算はコンセンサスを下振れか。



H2Oリテイル<8242> 1271 -56

決算を受けて先週末は大きく上昇となったが。



日テレHD<9404> 1047 -42

通期業績予想下方修正を嫌気。



デサント<8114> 3515 -185

通期上方修正もコンセンサス未達で出尽くし感。



シャープ<6753> 859 -29

7-9月期の営業赤字転落を嫌気。



パナHD<6752> 1231.5 -27.0

決算発表後の株価上昇に過熱感も強まる。



東エレク<8035> 39390 +1440

米SOX指数は5%近い上昇となり。



日本郵船<9101> 2604 +41

先週末は取引時間中に上方修正を発表している。



大阪チタ<5726> 4460 -85

先週末は決算を好感して急伸となったが。



住友商事<8053> 2177.0 +99.5

市場予想を上回る大幅上方修正を発表。



アルメディオ<7859> 409 +78

業績上方修正を引き続き材料視。



東京ラヂエーター製造<7235> 678 +68

マレリの報道を受けて再編思惑などが強まる状況に。



トラスト<3347> 397 +34

通期営業益や中間配当を引き上げ。



MCJ<6670> 982 +75

7-9月期大幅増益決算を評価。



高田工業所<1966> 1184 -188

上半期業績は計画下振れ着地に。



児玉化学工業<4222> 367 -49

業績下方修正で一転して営業減益に。



セルシス<3663> 706 -54

7-9月期営業益は前四半期比減益に。



すららネット<3998> 845 +33

22年12月期第3四半期の営業利益4.26億円、通期予想上回る。



デコルテHD<7372> 1324 +80

25年9月期の営業利益目標を21.36億円とする中期経営計画を発表。



キッズバイオ<4584> 252 +51

次世代型SHEDの新規治療法が脳腫瘍に有効な治療アプローチの可能性。



バンクオブイノベ<4393> 9120 -2220

東証が11月7日より信用取引に関する臨時措置を強化へ。



アンジェス<4563> 145 -15

下落の流れ止まらず安値更新の展開。



カヤック<3904> 1094 +150

短期資金の関心向かい強い値動きが継続。



イルグルム<3690> 711 -73

23年9月期の営業利益予想は前期比小幅増益見通しで嫌気売りが優勢。



JWS<7386> 1955 +144

23年9月期予想およびフロー型ビジネスへの本格参入に期待した動きが続く。



フリー<4478> 2800 -106

同社などグロース市場の主力処は高安まちまちの動き。



pluszero<5132> 6660 -60

直近IPO、引き続き投資家の関心強く商い好調。